糖質制限はオリゴ糖で楽しくなる!

血糖値の気になる方や糖質制限をしている方にオリゴ糖が向いている理由についてまとめています。

 

甘みが欲しくなったら、積極的にオリゴ糖を利用して美味しく糖質制限を続けていきましょう!

 

オリゴ糖は血糖値を上げにくい糖質

一般的に糖分を摂ると血糖値は上がると考えられています。

 

しかし、例外もあり、オリゴ糖は血糖値を上げにくい糖分なのです。

 

なぜなら、オリゴ糖は胃や小腸で消化吸収されにくく、そのまま大腸へと送られるためです。

 

体内に吸収されないのですから、もちろん血糖値も上がりません。

 

そして、大腸に届いたオリゴ糖は、そこに棲息する善玉菌のエサとなります。

 

そのことによって、善玉菌は活発になり、腸内環境を整えて便秘を改善したり、免疫力をアップさせる効果まであります。

 

このように血糖値対策として役立つばかりか、他の健康効果も期待できる優れものがオリゴ糖なのです。

 

ダイエットや病気のために糖質制限を続けていると、無性に甘い物が欲しくなる時がありますが、そのようなときこそオリゴ糖を活用して美味しいスイーツを楽しみましょう。

 

こんなオリゴ糖はダメ!

ダメなものもある

 

オリゴ糖と一口に言っても、たくさんの種類がありますし、商品化されているものも様々あります。

 

注意が必要なのは、オリゴ糖の種類や純度をよく確認する必要があるということです。

 

というのも、オリゴ糖の中にも消化されやすい種類のものがあり、それについてはやはり血糖値の上昇につながります。

 

また、市販のオリゴ糖食品の多くは純度が低くて、砂糖や水飴などが添加されているものも少なくありません。

 

そのようなタイプのものもカロリーが高くなりますし、血糖値を上げることになります。

 

それで糖質制限や血糖値対策を行っている方におすすめのオリゴ糖は、純度が100%に近く、消化されにくい難消化性オリゴ糖を使用したものです。

 

血糖値を上げにくいオリゴ糖ランキング

血糖値を上げにくい市販のオリゴ糖をランキングしましたので、ご参考にしてください。

 

血糖値を上げにくいオリゴ糖1位 カイテキオリゴ


血糖値を上げにくいオリゴ糖1位 カイテキオリゴの特徴

カイテキオリゴの特徴は、
・余計なものが入っておらずオリゴ糖純度ほぼ100%だから低カロリーで血糖値を上げにくい
・累計256万個も売れている実績がすごい
・天然原料のみを使用しているから安心
・6種のオリゴ糖をブレンドしているので様々な善玉菌を活性化できる
・専任アドバイザーに相談できて安心
といった点があります。

価格 容量 評価
定期初回1,419円(税別) 150g(約1ヶ月分) オリゴ糖,血糖値,糖質制限
原材料
ラフィノース、ミルクオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、乳糖、イソマルトオリゴ糖、ショ糖/環状オリゴ糖、難消化性デキストリン、アカシア食物繊維
備考
定期コースの2回目以降は最大20%オフで2,270円(税別)。ただし3ヶ月以上継続が条件
血糖値を上げにくいオリゴ糖1位 カイテキオリゴの総評

純度の高いオリゴ糖食品なので、血糖値も上昇しにくく低カロリーの糖分になっています。毎日続けることで腸内環境を整えていく効果が期待できますから、甘味としてだけでなく、健康にも役立つアイテムです。

 

 

血糖値を上げにくいオリゴ糖2位 どっさんこオリゴ便


血糖値を上げにくいオリゴ糖2位 どっさんこオリゴ便の特徴
 

どっさんこオリゴ便の特色は、
・2種類のオリゴ糖に加えて乳酸菌の力で腸内環境を改善
・「すんき漬け」由来の乳酸菌使用で腸まで届く
・いつまでもサラサラで使いやすい
・まずは7日分でお試しできる
といった点があります。

価格 容量 評価
税別1,000円 約14g(約7日分) オリゴ糖,血糖値,糖質制限
原材料
フラクトオリゴ糖、ミルクオリゴ糖、食物繊維、すんき漬け由来乳酸菌(植物性乳酸菌)
備考
定期コースは3,241円(税抜)となります。

 

血糖値を上げにくいオリゴ糖2位 どっさんこオリゴ便の総評

フラクトオリゴ糖・ミルクオリゴ糖という難消化性の2つのオリゴ糖を使用しており、血糖値を上げにくい特徴があります。乳酸菌も含まれており、便秘がちの方や胃腸の弱い方が毎日つづける習慣として適しています。

 

どっさんこ オリゴ便こちら

 

糖尿病におすすめのオリゴ糖3位 はぐくみオリゴ


糖尿病におすすめのオリゴ糖3位 はぐくみオリゴの特色
 

はぐくみオリゴの特色は、
・高純度5種のオリゴ糖を配合
・オリゴ糖100%で余計なものが入っていない
・赤ちゃんでも飲める安心品質
・10日間の返金保証つき
・クセのない甘み
といった点があります。

価格 容量 評価
税込3,680円(送料300円) 150g(約1ヶ月分) オリゴ糖,血糖値,糖質制限
原材料
ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、ラフィノース、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖
備考
定期コースは初回1,840円(税込)。いつでも解約可
糖尿病におすすめのオリゴ糖3位 はぐくみオリゴの総評

特に妊娠中の方に利用されているオリゴ糖ですが、商品そのものは年齢や男女を問わず誰でも使用できます。やさしい甘さがあり、ドリンクやフルーツなどにかけるとよく合います。単なる甘味ではなく、腸内環境を整える働きがあり、健康レベルを高めるのに役立ちそうです。

 

はぐくみオリゴこちら

 

オリゴ糖とGI値

 

食品ごとの血糖値の上がりやすさを示した基準にGI値(グリセミック・インデックス値)があります。

 

最近は「低GI」と表示された食品類も増えていますから、一度は目にしたり、耳にしたことがあるかもしれません。

 

GI値が高いほど血糖値が上昇しやすくなる食べ物と言えますから、糖質制限を行うにあたってはGI値を参考にして食事メニューを考えると良いでしょう。

 

ではオリゴ糖のGI値はどれくらいでしょうか。

 

以下の表で他の食品のGI値と比較してみましょう。

 

GI値

食品

100以上

グラニュー糖・上白糖・氷砂糖

81以上

白米・食パン・フランスパン・もち・うどん・そうめん・じゃがいも・人参・チョコレート・大福もち・ドーナツ・キャラメル・黒砂糖・水飴

80以下

赤飯・パスタ・山芋・トウモロコシ・かぼちゃ・里芋・アイスクリーム・クッキー・はちみつ

60以下

玄米・そば・オートミール・春雨・ライ麦パン・栗・サツマイモ・ゼリー・プリン・味噌

30以下

しいたけ・えのき・しめじ・キャベツ・ピーマン・なす・こんにゃく・もずく・ところてん・昆布・ひじき・めんつゆ・みりん・醤油・塩・オリゴ糖

 

GI値が60以下の食物が一般に「低GI値食品」と言われています。

 

やはり炭水化物であるパンや白米、砂糖を使用した菓子類などはGI値が高いですね。

 

一方、オリゴ糖のGI値は10〜30の間であり、これは海藻やキノコ類と同じ程度の数値となっています。

 

オリゴ糖のGI値はグラニュー糖と比較すると10分の1程度ですから、オリゴ糖がいかに血糖値を上げにくい甘味料かという点が分かります。

 

血糖値を上げにくいオリゴ糖おすすめの1番はカイテキオリゴ!

おすすめポイント

 

オリゴ糖は消化吸収されにくいので、ダイエットや病気治療のために糖質制限をしている方も問題なく摂取できます。

 

中でも、カイテキオリゴはオリゴ糖の純度がほぼ100%ですから、純度の低いオリゴ糖食品のように砂糖や水飴が添加されていません。

 

低カロリーで血糖値を上げにくいので、甘みが欲しい時にドリンクやヨーグルトに混ぜたり、オリゴ糖を使った手作りスイーツを作るなど色々と使えます。

 

もう一つカイテキオリゴの優れている点は、6種類のオリゴ糖がブレンドされているという点です。

 

ブレンドされていることによって、様々な種類の善玉菌に働きかけることが可能となっており、腸内環境を整える点で大きな変化を期待できるのです。

 

腸内環境が整うと、便秘の予防だけでなく免疫力を高めることにもつながります。

 

単なる甘味料としてではなく、健康レベルを向上させる健康食品として心強い味方となるのがカイテキオリゴです。

 

カイテキオリゴについての詳細は以下をクリックして公式サイトでご確認ください。
↓ ↓ ↓
カイテキオリゴの公式サイトはこちら